大泉洋

チームNACSメンバー・大泉洋さんとテレビプロデューサーの嫁・中島久美子さんの馴れ初めはドラマ『ロス:タイム:ライフ』だった!

元カノとのスキャンダルやジョークからの熱愛発覚!?“愛情貯金”で捧げる娘への愛など詳細情報をお届けします!

大泉洋の嫁の顔画像は?テレビプロデューサーで年収がスゴイ?

大泉洋(おおいずみよう)さんとテレビプロデューサーの中島久美子(なかじまくみこ)さんは、2009年5月2日に結婚しました。入籍した場所は、大泉洋さんの故郷の北海道だったんですよ!

そして、大泉洋さんは同日に所属事務所のブログ『CUE(キュー)ダイアリー』で結婚を報告しましたが、メディアが報じた途端に事務所のブログにアクセスが集中しすぎて一時的に閲覧できない状態に。それと同時に検索ワードが急上昇したのだとか。

情報サイトの『BWRITE(ブライト)』が2016年に18歳以上の女性200人を対象に行った“理想の結婚相手のイメージにもっとも近い有名人”の未婚女性部門ランキング調査で、大泉洋さんが1位に輝いたこともあったんですよ。大泉洋さんは、これほど人気の高い俳優さんなので、結婚相手が気になって思わずググった女性も多かったのでしょうね。

結婚式は翌年の2010年8月29日。身内だけの挙式を執り行いました。

挙式と披露宴も行ったと思われますが、結婚式関連の画像などは公開されていません。

結婚(入籍)時の二人の年齢は、大泉洋さんは1973年4月3日生まれなので36歳、中島久美子さんの生年月日は1970年3月10日で39歳。年齢差が3歳の年上女房ですね!

大泉洋さんは自身のブログに結婚の報告と共に、「役者として、タレントとして、より一層がんばります」と綴り、さらに芸能活動を頑張ることを宣言しました。

大泉洋の嫁の顔画像は?

大泉洋さんの嫁・中島久美子さんはフジテレビのプロデューサーをしていることから、顔画像が公表されているんですよ。

大泉洋 嫁 中島久美子

とても美人で、第一印象は頭がよくて仕事ができそう。

と思ったら、やはり国立大学の信州大学経済学部を卒業しているとのこと。

頭の回転が速くて、きっとユーモアあふれる大泉洋さんとの会話のテンポも合うのでしょうね。

大泉洋の嫁の職業はテレビプロデューサー!年収がスゴイ?

大泉洋さんの嫁・中島久美子さんは1992年にフジテレビに入社し、人事部、調査部、映像企画部でテレビ界の経験を積んだそう。ウィキペディアによると、現在は編成制作局ドラマ制作センター副部長に就いていると記載されています。

テレビプロデューサーとは、テレビ番組制作の統括責任者で、番組の予算や管理、出演者への交渉、番組の制作などが仕事なんですよね。

そんな中島久美子さんは、番組制作への想いを、母校である信州大学の広報誌『信州NOW (Vol.65)』で語っていました。

「万人に受けることを考えるより、自分が面白いと思うかどうかが判断基準です。」

テレビプロデューサーとして自身のポリシーを持ち、仕事が好きで楽しんでいる様子が伝わってくる言葉ですね。

大泉洋 嫁 中島久美子

テレビプロデューサーの年収は、キー局(ネットワークの中心の放送局)と地方局によって差があるものの、一般的なサラリーマンよりはかなり上の年収があるようです。

就職応援サイトの『JobQ(ジョブキュー)』によると、30代で年収1,000万円、40代で年収1,500万円なのだとか。

中島久美子さんはフジテレビ局の人気ドラマシリーズ『救急病棟24時』の番組などを担当していたことや、ドラマ制作センター副部長の役職に就いていることからも、年収は1,500万円以上あると推測されるでしょう。

ちなみに、中島久美子さんのフジテレビの入社は1992年で、アナウンサーの小島奈津子さんや福原直英さん、西山喜久恵さんと同期です。

小島奈津子 福原直英 西山喜久恵

かつて『めざましテレビ』の朝の顔と言えるアナウンサーの面々。同じ年の入社となれば、中島久美子さんの経歴がどれほど長く番組制作のベテランなのか分かりますね!

そんなテレビプロデューサーの中島久美子さんと俳優・大泉洋さんとの出会いは、やはりドラマだったんです。

大泉洋と嫁の馴れ初めは出演オファー!

2008年4月5日放送の『ロス:タイム:ライフ』に出演した大泉洋さんは、プロデューサーの中島久美子さんと、このドラマでの再会が馴れ初めとなり交際に発展しました。

大泉洋 ロス:タイム:ライフ

そんな二人の最初の出会いは2005年1月期のドラマ『救急病棟24時(第3シリーズ)』でした。中島久美子さんが“佐倉亮太役”を探していたところ、口コミで大泉洋さんを知り、大抜擢したことが始まりだったそう。

救急病棟24時(第3シリーズ)

中島久美子さんは大泉洋さんを初めて見た時に

「あ、いた!」

と、感じたのだそう。

これは何かしら自身の運命を感じてビビビッ!ときた瞬間だったのかもしれないですね。

そして2005年3月29日のスペシャルドラマ『救命病棟24時 アナザーストーリー』の放送に向けて、大泉洋さんとプロデューサー中島久美子さんが対談するプチコーナーがあったことも。

中島久美子さんは声がかわいくて、お話しする姿は柔らかい雰囲気の女性でした。

大泉洋 嫁 中島久美子

とても貴重なツーショットですよね!

冒頭には、大泉洋さんが「メイクだと言って20分も待たせすぎなんですよ!」と、中島久美子さんにツッコミも。

中島久美子さんはとても緊張した様子だったので、リラックスするように大泉洋さんの気遣いだったのでしょう。

このショート対談では、大泉洋さんが『救命病棟24時 』に出演したことで、北海道の視聴率が一気に上がったことが語られました。このドラマ出演まで北海道を拠点としていた大泉洋さんの知名度が全国区に広がったとともに、北海道地区の視聴率アップと双方にとってプラスとなるドラマになりました。

そして、翌年2006年1月に2夜連続と6月に特別版が放送の中島久美子さんがプロデューサーを務めたドラマ『おかしなふたり』で再び大泉洋さんが出演。

大泉洋 おかしなふたり

中島久美子さんは、大泉洋さんの演技力と存在感、そして俳優・大泉洋さんといいパートナーになりたいと考えたに違いありません。

その後、大泉洋さんは中島久美子さんがプロデューサーを務める『ロス:タイム:ライフ』(2008年4月5日放送)に出演したことから二人は急接近。

この時のことを、大泉洋さんは仕事やプライベートで相談にのってもらう機会が増え交際に至ったと結婚を発表した2009年5月2日のブログに綴りました。

一見、スキャンダルとは無縁に見える大泉洋さんですが、意外とも言える過去があったんです。

大泉洋の恋愛遍歴!元カノとの破局&嫁を選んだ理由とは?

大泉洋と元カノの破局理由は?

仙台の一般女性との関係は?

大泉洋 FLASH

一言で言ってしまうと、ファンに手を出してしまった大泉洋さん…。

4年にもわたるファンとの交際(肉体関係)を『FLASH』(2006年11月28日号)にスキャンダルとして掲載された過去があるんです。

記事によると、2002年11月に映画の舞台あいさつで仙台を訪れた際に連絡先の書いたファンレターを渡された大泉洋さんが、その女性と1年後に再会し、それ以来、約4年に渡って男女の関係を持ったとか。

大泉洋さんと仙台のファンの女性は、交際と言っても肉体関係がメインで、日常的な親交はなかった様子。

このいわゆる“現地妻”のような関係で都合よく扱われてしまった女性は、『FLASH』にスキャンダルとして告発したんですね。

この報道で、大泉洋さんの変わった営みの趣味も暴露されるなど、ファンにとってはショッキングな内容もあり、俳優として相当なダメージがありました。

これに対して、大泉洋さんはこの仙台の女性との交際を認め、「2004年からは予定が合わないためすれ違いも多くなり自然消滅したと思い込んでいた。誠実さを欠いたことは申し訳ない。」といった内容の謝罪文を同誌に出しています。

4年間の体だけの関係…。一般的な交際のあり方とは違うと、かなり初期段階で気付くはずだと思いますが、そこは好きが先に立ってしまい見えなくなっていたのでしょうか。

元カノは松たか子?

松たか子

大泉洋さんと松たか子さんの交際していると報じられたのは2006年7月でした。

二人は2006年7月8日公開のアニメ『ブレイブストーリー』の声優で共演したのですが、その舞台挨拶で記者に向けての発言が交際報道に発展することに。

大泉洋 松たか子 ブレイブストーリー 舞台挨拶

大泉洋さんが「ブレイブストーリーはもう見ましたか?」との記者からの質問に、

「たか子と観ました。隣で幸四郎が煩わしかった。」
(※幸四郎さんは松たか子さんの父親で現在は松本白鸚(まつもとはくおう)さん)

と話したことから、“家族も認める交際”として注目を浴びることに…。

大泉洋 松たか子

大泉洋 松たか子 日刊ゲンダイ

大泉洋さんのジョークだったつもりが、一気に熱愛報道になってしまったんですね。

この頃はまだ大泉洋さんは俳優としてあまり知られていなかった頃で、大泉流のリアルさのある冗談が伝わらなかったようです。

その後の熱愛スクープはありませんので、大泉洋さんと松たか子さんは共演だけのお付き合いだったと考えられます。

北海道の星とも言われ人気の大泉洋さんが中島久美子さんを心に決めた理由はなんだったのでしょうか。

大泉洋が中島久美子を嫁に選んだ理由とは?

地元・北海道を拠点として活動していた大泉洋さんにとって、東京に進出しての芸能仕事はプレッシャーの連続だったそう。

そんな不安な気持ちを中島久美子さんはいつも温かく見守り支えてくれたことが選んだ理由となったとのこと。

いつもポジティブで場を明るくし、どこに行っても親しまれる大泉洋さんがプレッシャーと戦っていたとはとても意外な気もしますが、そんな大泉洋さんの心の中を中島久美子さんはしっかりと捉えていたのでしょう。

3歳年上の中島久美子さんはとても頼れるタイプの女性だったよう。やはり精神的に支えてくれる存在は大きいですよね。

大泉洋さんの好きなタイプの女性は「年下で甘えてくるような人」とも話していたこともあるので、きっと中島久美子さんは年上と感じさせないかわいさも兼ね備えているのでしょう。

大泉洋さんは自身と似ているところがある一人娘がかわいくて、“親バカ”で、しかもその先頭集団にいると話しているんですよ。

大泉洋の子供は画像とソックリ?性別や学校が判明!?

大泉洋さんは子供が1人います。(※2020年11月現在)

性別 子供の名前 子供の誕生日 出産時の年齢
大泉洋 中島久美子
長女 非公開 2011年5月31日 38歳 41歳

2011年5月31日、大泉洋さんは自身のブログで第1子の女の子が生まれたことを報告しました。

大泉洋さんは、このブログの報告で体重は69kgだと書いてますが、どうやらそれは自身の体重…。自分の体重を発表してどうすんねんっ!

本当は2,905グラムの元気な女の子だと綴ってます。

長女の名前は公開されておらず、ネットの噂で“みく”さんと言われていますが、確認が取れませんでした。

また、長女の顔画像も非公開ですが、大泉洋さんは「(自分と)似て欲しくないところが似ている」と2017年11月28日に出演した『徹子の部屋』で話しており、自身の幼少期の画像を公開しました。

その時の画像がこちらです。

大泉洋 幼少期 徹子の部屋

大泉洋さんの幼少期の画像はかわいくて、まるで女の子のよう。きっと、長女も大泉洋さんとソックリなのでしょうね。

また、大泉洋さんのトレードマークとも呼べるくせ毛は、親から引き継ぎやすい“優性遺伝”と言われ遺伝率が高いので、大泉洋さんのくせ毛を受け継いでいる可能性も高そうですよ。

一人娘ということも手伝ってか、大泉洋さんは長女をとても可愛がっており、“娘はとことん甘やかす”主義で自他ともに認める“親バカ”なのだとか。

大泉洋さんは、「娘が無条件に甘える時間は短いから、今できることは何でもしてあげたい」と話し、とにかく愛情の貯金をたくさんしており、時間の許す限り一緒に遊んだり、できるだけ一緒にいる時間を設けたりしているそうですよ。

そして、この一緒に過ごした大切な時間や経験が、将来、父娘の財産になるように「口座が開いているうちにたくさん振り込んでおきたい」とも。

出かけるときは長女と「早く帰ってくるね」と言い合い、まるで付き合い始めの恋人みたいな関係なのだそう。

と、『FQ JAPAN』(2017年12月1日付)で、バラエティで見せるユニークな大泉洋さんとは違うパパの顔を見せ、ステキな子育て論を語っていました。

当サイトの恒例の画数占い。今回も子供の名前を勝手に占いました。

長女『みく(噂による推測名)』:地格4画『大凶』ー 困難 挫折 ー
大凶と出てしまいました…。
しかし仕事運は大大吉でしたよ!
俳優の父とプロデューサーの母を持ち、将来のテレビ界を支える人物になるかも!?
そして大泉洋さんの愛情たっぷりで“大凶”なんて吹き飛ばせそうですね!

大泉洋の子供が通う学校は?

大泉洋さんの長女は青山学院幼稚園に入り、2018年4月からは青山学院初等部に通っていると言われています。(※2020年11月現在)

もちろん大泉洋さんサイドから子供の学校名は公表されていないのですが、学校行事に足を運ぶ姿がキャッチされていたことから特定されているんですよ。

9月下旬、芸能人の子供も大勢通う都内の有名私立小学校で、運動会が開催されていた。
大泉洋(46才)は、両肩に大きな荷物を下げてパパの顔。ほかにも木村多江(48才)や高橋克実(58才)、宮根誠司(56才)らが顔を揃えた。
そんななか、保護者らがひそかに注目していたのが、篠原涼子(46才)・市村正親(70才)夫妻と、井川遥(43才)・松本与さん(57才)夫妻だ。

引用元:『篠原涼子、井川遥 有名小学校運動会でのそれぞれのスタイル』女性セブン2019年10月17日号

上記の記事では“有名私立小学校”と記載されていますが、篠原涼子さんや井川遥さんらの子供が通っているのは青山学院に通っていると言われているので、大泉洋さんの子供も同じ学校だと言えますね。

ご存じの方も多いですが、青山学院は大学までの一貫校なので、大泉洋さんの子供は順調に2024年4月からは中等部、2027年4月からは高等部とそのまま進学する確率が高いでしょう。

ちなみに、大泉洋さんは両親共に教育者の家庭に育ち、自身も高校の教員免許を持っているので、子供の教育にはしっかりとプランを持っていると思いきや、「のびのび育ってくれればいい」と、娘のお受験には否定的だったとか。

と言うのも、大泉洋さんは2浪したものの希望していた大学には入れず…。その後は何もやる気が起きないといった自身の経験が子育て論に影響しているとみられます。

しかし、エスカレーター式の学校に入れば、10代後半で味わう受験というストレスから逃れられるとの想いから、中島久美子さんの意向もあり幼稚園から私立校の青山学院に入れたようです。

こうした子育てに関することは『女性セブン』(2015年4月30日号)で語っていました。

大泉洋の子供の習い事は英語!?

2017年7月24日の大泉洋さんのブログには、お休みだけど「娘は習い事だなんだで一日居ない」と記されているんですね。

具体的に何の習い事かは書かれていませんが、何かしらの習い事をしているとみられ、7月24日なので夏休みに入って間もない時期。幼少期から親子でプールに行っていたともインタビューで話していたこともあるので、プールに通っていると推測しています。

そして、学校は夏休み期間中ですが、青山学院初等部のお友達が通っている英語のスクールなども一緒に通っている可能性がありますね。

大泉洋の子供の将来は女優!?

2019年1月25日公開の『そらのレストラン』に出演した大泉洋さん。

同年2月2日に行われた舞台挨拶で、娘からのかわいいサプライズのお手紙が読まれ会場が和やかで笑いに包まれる一幕が。

『そらのレストラン』を観た娘が、「パパがチーズを食べて泣いているところを見て私も一緒に泣いちゃった。」とかわいい文章に続き、

「大人になったらパパみたいに上手に泣ける女優さんになりたい

と綴られていたそう。

いい作品をたくさん見て、すばらしい女優になれるよう将来につなげていって欲しいですね!

娘が女優としてデビューした際には、プロデューサーが嫁・中島久美子さんで、大泉洋さんと娘が共演した作品が観られる日が来るかもしれませんね。

これからも大泉洋さんのユーモアあるトークと俳優としての活躍を楽しみにしています!