橋下聖子

橋本聖子さんと元警察官でSPだった旦那・石崎勝彦さんの馴れ初めは永田町の雑談だった!?

キス強制スキャンダルで離婚危機!?旦那の年収やオリンピックにちなんだ名前の子供の画像や通っている学校を始めとする詳細情報をお届けします!

橋本聖子さんといえば19歳から31歳までの12年のうち、スピードスケート冬期4回と自転車競技3回と7度のオリンピック出場の記録のある方。1996年には現職の国会議員をしながらもアトランタオリンピックに出場したことでも有名ですね。

橋本聖子

“五輪の申し子”とも呼ばれる橋本聖子さんは2021年2月現在、日本人女性のオリンピック出場最多記録を持っているほど。

そんなスーパーウーマンの橋本聖子さんが結婚した石崎勝彦さんとの馴れ初めと6人の子供についての詳細情報に迫ります!

橋本聖子の旦那の顔画像は?元SPで年収がスゴイ?

橋本聖子さんは一般人で元警察官の石崎勝彦さんと1998年12月19日に結婚しました。後述していますが、旦那・石崎勝彦さんは再婚で前嫁との間に3人の子供がいたため、橋本聖子さんは結婚と同時に母としての生活をスタートしています。

結婚式は橋本聖子さんと石崎勝彦さんの故郷である北海道にある『北海道神宮』(北海道札幌市)で執り行われたんですよ。明治33年には当時の皇太子・大正天皇と九条節子妃(貞明皇后)がご成婚された神社です。

橋本聖子 結婚式

かつてスピードスケート、自転車競技の選手として活躍した橋本聖子さんの白無垢姿が新鮮で目を奪われますね。

角隠しと言われる帽子のようなものを被っている橋本聖子さんは身長156cmなので、隣に写る旦那さんの身長は180cm以上はあるのでしょう。また紋付姿の旦那さんは半身のみの画像ですが、肉厚の日焼けした手や肩の筋肉の張り具合からかなりガッチリした体格とみられます。

当時、橋本聖子さんの披露宴に出席したスポーツコンサルタントの春日良一さんによると旦那・石崎勝彦さんは「縦にも横にも大きい人」なのだとか!このコメントからも石崎勝彦さんは高身長でたくましい体格であることが証明されますね。

結婚時の年齢は、橋本聖子さんの生年月日は1964年10月5日なので34歳、石崎勝彦さんは生年月日が非公開ですが9歳年上とのことなので43歳。橋本聖子さんは10歳違いの兄がいるため、兄のように慕っていたのでしょうね。

結婚指輪は五つの輪をかたどったものだったそう!橋本聖子さんは“五輪の申し子”と呼ばれるだけあって、人生のイベントには必ず五輪にちなんだものが取り入れられてるよう。

下の画像は2021年2月18日に行われた東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会会長に就任した時の記者会見の様子ですが、結婚指輪は間違いなく五つの輪の型ですね。

橋本聖子 結婚指輪

かなり珍しいデザインなので、おそらくオーダーメイドだと思われますが、地金の色がシルバーなのでプラチナだとしたらデザイン料込みで推定価格は30万円くらいになるでしょう。

また地金は“銀(シルバー)”の可能性も。というのも、橋本聖子さんは1989年にスピードスケートの世界選手権で日本人初の総合銀メダルを獲得しているんです。

橋本聖子 銀メダル

この記念すべき銀メダルにちなんで“シルバー”にした可能性も十分に考えられますよね!

橋本聖子の旦那の顔画像は?

橋本聖子さんの旦那・石崎勝彦さんは一般人のため顔画像はありません

その理由として、石崎勝彦さんは一般人ですし、この後で紹介していますが元警察官でSP(セキュリティポリス)を務めていたこともあり、顔出しはNGなのだと思われます。

橋本聖子さんのオフィシャルサイトの中にある『夢の足跡』の記事によると、旦那・石崎勝彦さんは学生時代ラグビー部だったそう。先に述べたようにとにかく大きい体というのが納得できますね。

そんな橋本聖子さんの旦那さんはどのような雰囲気の方なのかと思い、あくまでも想像になりますが、元横綱の貴乃花光司さんのような方をイメージしてしまいます。

下の画像は貴乃花光司さん。

貴乃花光司

2015年11月21日配信の『産経ニュース』によると、男性のSPは要人を守る品格のある身だしなみを心掛ける事から、“頭髪をポマードなどでキッチリ整えた人が多い”のだそう。

ガッチリ体型や整髪料で固めたヘアスタイルなど力士と共通するポイントが多いので、貴乃花光司さんと石崎勝彦さんは意外と似ているかも!?しれません。

橋本聖子の旦那は元警察官!SPで年収がスゴかった!?

橋本聖子さんのオフィシャルサイトに旦那・石崎勝彦さんが警察官でSPをしていたと綴られています。

主人は警視庁に勤める警察官で、私が常々お世話になっている島村農林大臣(当時)のSP(セキュリティポリス)をしていた

引用元:『理解者を得たこと』橋本聖子オフィシャルサイト

下の画像は1997年9月26日 ~ 1998年7月30日まで農林水産大臣を務めていた島村宜伸(しまむらよしのぶ)さん。

島村宜伸

石崎勝彦さんは、警視庁警備部警護課で巡査部長の職務についており、島村農林水産大臣の現職時代に警護をしていたとのこと。

ウィキペディアによると、SPは警察官の中でも特殊な訓練を受けることを始め下記のような一定の条件を満たした警察官であることが必須条件なのだとか。

  • 身長173cm以上
  • 柔道または剣道のいずれかで2段以上、合気道3段以上など
  • 拳銃射撃上級(25m離れた場所から15cmの的に拳銃を5発射撃し全て命中させる技能)
  • 英会話ができる
  • 緊急時に要人を非難させるための高い運転技術

国賓や政府関係の特別要人を警護する仕事柄、失敗は許されず自分を盾にする覚悟が求められるSP。石崎勝彦さんは、国務大臣のSPを務めていたとなれば、警察官の中でもエリートで体力はもとより精神力や忍耐力、自己管理力や判断力のある強者だと考えられますね。

ちなみにSPは常に大きめのスーツの上着を着用し前ボタンを外しているのだそう。無線機や警護のための銃などを身に付け、いざと言うときに素早く取り出すためのスタイルなのだとか。

そんな体を張った職務を行う警察官の中のSP。年収はどれくらいなのかと思うところです。

就職応援サイト『JobQ』によると、基本的には公務員なので警察官と同じ扱いですが、SPは危険度・責務や時間外勤務などの労働時間が考慮され、年収額は800万円前後なのだとか。危険を伴う仕事内容や専門性が高いことから1,000万円以上の年収があるイメージですよね。

また就職情報サイト『キャリアガーデン』によると、原則的に警察官の定年退職の年齢は60歳とのこと。

橋本聖子さんより9歳年上の石崎勝彦さんは恐らく1958年生まれで、2018年には60歳を迎え定年退職をしていると思われます。しかし、石崎勝彦さんのような大臣のSP経験をもつ元警察官であれば好待遇の再就職も十分あり得ますよね。

そのため石崎勝彦さんは現在、警察官を退職して公的機関や公益法人、民間企業などで警備や警護のアドバイザーや経験を活かし現役で働いている可能性が高いでしょう。

“命を懸けて対象人物を警護する”SPの石崎勝彦さんと“五輪の申し子”橋本聖子さん。出会いはとても自然な形で訪れました。

橋本聖子と旦那の馴れ初めは休憩中の雑談!?旦那を選んだ理由は良き理解者!

お二人の馴れ初めは、前述した元・島村農林水産大臣のSPをしていた石崎勝彦さんと国会議員をしていた橋本聖子さんが顔を合わせるうちに親しくなったことだったそう。

学生時代にラグビー部だった石崎勝彦さんと、自転車競技やスピードスケートなどアスリートとして活躍していた橋本聖子さんの距離が縮まるには時間がかからなかった様子。この石崎勝彦さんとの出会いについては、橋本聖子さん自身もオフィシャルサイトで「すぐに心を許して話せる存在になった」と綴っています。

ここで思うところですが、要人を守るSP・石崎勝彦さんが一瞬も気を緩めず不審な動きに目を光らせている護衛の真っ最中に橋本聖子さんとの雑談に花を咲かせていたとは思えないですよね。

ですので、他のSPメンバーと交代した休憩の合間や国会議事堂の食堂などで顔を合わせるうちに、お二人は距離を縮めていったのでしょう。

島村宜伸さんが当時、農林水産大臣が職務に就いていたのは1997年9月~1998年7月ごろ。橋本聖子さんと石崎勝彦さんが結婚したのは1998年12月なので、二人は出会ってから結婚まではそれほど時間はかからなかったとみられますね。それだけ気が合うお二人だったのでしょう。

橋本聖子が石崎勝彦を旦那に選んだ理由は一番の理解者!

橋本聖子さんが石崎勝彦さんを旦那に選んだのは、精神的な安らぎを感じられる一番の理解者だったことが理由でした。

1996年の夏、国会議員としての職務を行いながらアトランタオリンピックの自転車競技に出場した橋本聖子さん。早朝深夜の練習、議員職を終えてからのウエイトトレーニングなど日本のメダル獲得のために頑張りも空しく結果は12位と9位という結果に…。

この結果がスポーツ界と政界の双方からの痛烈な批判を浴びることとなり、この世間の声やアスリートとしての限界を感じた事をきっかけに橋本聖子さんはスポーツ選手としての活動に幕を下ろします。

その後、何かに襲われる夢を何度もみるほど精神的に落ち込んでいた橋本聖子さんの前に現れた石崎勝彦さんは、とても信頼できる存在に。橋本聖子さんは、その当時の様子をオフィシャルサイトの記事で“どんな悩みでも打ち明けられた”と自身が心を開き信頼を寄せていた様子を明かしています。

橋本聖子さんの心の支えになった石崎勝彦さん。判断力や精神力、協調性や自制心など人間性が問われるSPの仕事で活躍され、その人間性においても素晴らしい方だと言えますね。

石崎勝彦さんは前嫁を病で亡くしているのだそう…。そんな中で橋本聖子さんと出会い、心を開いてくれることが嬉しかったのでしょうね。橋本聖子さんと石崎勝彦さんはお互いが支え合うパートナーとなったと思います。

また子供が大好きだという橋本聖子さん。石崎勝彦さんと前嫁の子供3人と接することで心の安らぎを覚えていったのでしょう。

順風満帆と思われたお二人の結婚生活ですが、橋本聖子さんのキス強要スキャンダルで突然に離婚の危機に…!?

橋本聖子がキス強制スキャンダルで離婚危機!?

2014年ソチオリンピックの合宿所で閉会式後に行われた打ち上げパーティーで、橋本聖子さんが元フィギアスケート選手の高橋大輔さんにキスをしているところを『週刊文春』(2014年8月28日号)に掲載されました。

高橋大輔

橋本聖子 高橋大輔 週刊文春

橋本聖子さんが高橋大輔さんに執拗にキス強要をしていたことからセクハラ、また橋本聖子さんは日本スケート連盟会長でソチ冬季オリンピック選手団長だったことからパワハラだと大きな問題に…。

一部の報道では高橋大輔さんが橋本聖子さんからのキスを嫌がっていたとの声も上がりましたが、2014年8月22日の『日刊スポーツ』紙よると高橋大輔さんは「大人と大人がハメを外し過ぎただけ」と話し、セクハラ・パワハラだと思っていないと見解を発表しました。

なんでも高橋大輔さんはオリンピック出場に向け禁酒をしていたこともあり、打ち上げで一気に気持ちが緩んでしまったのだとか。

また、橋本聖子さんも2014年8月20日に「(高橋大輔さんに)キスを強制した事実はない」とコメントを発表。2021年2月25日号の『週刊文春』では「頑張った息子に“ママの所に来なさい”と言う思いだった」と語っているんです。

これほど大きく報道された橋本聖子さんの“キス強要”スキャンダルですが、離婚危機が訪れたのでしょうか。

この一連の騒動について、旦那さんとのやりとりは一切語られていませんが、石崎勝彦さんは橋本聖子さんがお酒を飲んでハメを外してしまう性格や陽気な人柄などを知っている一番身近な存在なので、「立場をわきまえて行動するように」と注意し温かく見守っていたのでしょう。

ちなみに高橋大輔さんは、橋本聖子さんが高校時代に憧れていた初恋の先輩に似ていたのだそう。学生時代からストイックに生きてきた橋本聖子さんの“心のアイドル”への蓄積した想いがキス騒動に繋がってしまったのでしょうね。

高校1年生で世界ジュニア選手権の日本代表に選ばれるなどスピードスケート選手として活躍していた高橋聖子さん。オリンピック選手として体を優先していたため、子供が産めないと言われたこともあったそう。

橋本聖子の子供の画像がポスターに!性別や学校が判明!?

橋本聖子さんは6人の子供がいます。(2021年2月27日現在)

性別 子供の名前 子供の誕生日 出産時の年齢
橋本聖子 旦那・石崎勝彦
三女 せいか 2000年04月12日 36歳 45歳
次男 亘利翔(ぎりしゃ) 2004年(出生月日は非公開) 40歳 49歳
三男 朱李埜(とりの) 2006年(出生月日は非公開) 42歳 51歳

橋本聖子さんは6人の子供の母親ですが、長女、次女、長男(出生順は非公開)は旦那・石崎勝彦さんの死別した前嫁の連れ子となります。上記の表では石崎勝彦さんの連れ子についての詳細が非公開のため橋本聖子さんの実子を記載しました。

アスリートとして体脂肪を9%に改造し、ホルモンバランスを崩したことから「子供は産めないだろう」と言われていた橋本聖子さん。結婚し石崎勝彦さんの連れ子から「お母さん」と呼ばれたときはとても感動したのだそう。

そして、結婚後に自身の子供を授かり更に幸せを感じたとか。橋本聖子さんは本当に子供が大好きだったんですね。

そんな橋本聖子さんは1964年生まれで、この年に開催された東京オリンピックの開会式を見た父親が感動し、聖火にちなんで“聖子”と名付けられました。

このエピソードから、橋本聖子さん自身もオリンピックの年に出産した子供にオリンピック開催地の名前を付けているんですよ。

  • <三女>せいかさん:2000年シドニーオリンピックに誕生
  • <次男>亘利翔(ぎりしゃ)さん:2004年アテネオリンピックに誕生
  • <三男>朱李埜(とりの)さん:2006年トリノオリンピックに誕生

三女・せいかさんは“聖火”から名づけ同じようにオリンピックを目指して欲しい気持ちが込められているそう。シドニーオリンピック開催年に生まれていますが、お名前は“シドニー”さんではなかったんですね。

次男・亘利翔(ぎりしゃ)さんと三男・朱李埜(とりの)さんの名前は漢字の当て字。第一印象で読めない…ことや、俗にいう“キラキラネーム”で「子供がかわいそう」など批判する声も出ています。

子供の個性的な名前に関しては世間で様々な意見も出ているようですが、それは重々承知の上で付けたのでしょうし、インパクトが強く一度名前を聞いたら忘れないなどメリットも沢山ですよね。

ちなみに“ギリシャ”と呼ぶのは日本人だけなのだそう。英語の「グリース」(Greece)からなまったとのこと。漢字でギリシャは“希”と一文字で書きます。

さらにちなみに“トリノ”も本来は「トリーノ」と伸ばすそう。世界共通の発音で命名ではなかったようですね。

下の画像は2001年の選挙ポスターに採用された橋本聖子さんと長女・せいかさん。眉毛の辺りが橋本聖子さんに似ている気がしますが、きっと父親の石崎勝彦さんに似ているのでしょうね。

橋本聖子 子供 せいか

三女・石崎せいかさんと次男・石崎亘利翔(ぎりしゃ)さんは、子供の頃の画像があるため顔出ししていたとみられます。

橋本聖子 子供 橋本せいか

下の画僧は石崎せいかさんと亘利翔(ぎりしゃ)さん。

橋本聖子 子供 せいか 亘利翔

亘利翔(ぎりしゃ)さんは、トップを立たせたモヒカンヘアで決まってますね!

当サイトでは、子供の名前から勝手に画数占いをしてみました。

三女『せいか』:地格8画『吉』ー 努力 我慢 堅実 真面目 逆転ー
とても慎重なタイプなのだそう。
プレッシャーに負けずオリンピックの夢を叶えてほしいですね。

次男『亘利翔(ぎりしゃ)』:地格25画『吉』ー 努力 真面目 天運 男気 成功ー
持って生まれた才能を最大限に活かせると出ました!
“努力”の精神は父親と母親からもしっかり学ぶでしょうね。

三男『朱李埜(とりの)』:地格24画『大大吉』ー 大勝利 大成功 努力 財産 人気ー
誰もが達成できないような成功を手にすると出ました!
大成功をおさめて財産や人気を得る…やはり将来は政治家かオリンピック選手でしょうか!?

橋本聖子の子供が通う学校が判明!不登校だった真相とは?

石崎せいか

2000年4月12日に生まれた石崎せいかさんは、2021年2月現在は20歳。

2019年2月17日配信の『日刊スポーツ』によると、橋本聖子さんの三女・石崎せいかさんは日本大学のスポーツ科学部に進学しているそう。同年2月16日に行われた『アスリートトークin府中』で白血病と診断され治療に専念することを発表した水泳の池江璃花子さんへのエールの言葉を送っていました。

池江が今春、入学する日大スポーツ科学部に娘も進学するといい、「池江選手に何とか頑張って欲しいと同時に、彼女ならできると信じています」と回復を願った。

引用元:『腎臓病克服した橋本聖子氏、五輪の神様は池江に宿る』日刊スポーツ 2019年02月17日

石崎せいかさんが通っているとされる日本大学スポーツ科学部は、“アスリートコース”と“スポーツサポートコース”があり、専門知識を学べる大学なのでスポーツを基礎から学んでいるのでしょう。

順調に進めば、2023年3月に日本大学スポーツ科学部を卒業し、自身の学びを活かして活躍するのでしょうね。

石崎亘利翔(いしざきぎりしゃ)

橋本聖子さんの次男・石崎亘利翔さんは、2018年5月に行われた『豊島区春季陸上競技大会 兼 豊島区中学校陸上競技選手権大会』に出場リストに名前が掲載されていることから千代田区立麹町中学校に通っていたと思われます。

橋本聖子 子供 石崎亘利翔

上記の記録表では棄権(DNS)となっていますが、石崎亘利翔さんは千代田区立麹町中学校の陸上部で活躍していたとみられます。

石崎亘利翔さんは2018年5月に中学校2年生だったことから、2020年4月に高校に入学していると思われますが、通っている高校名は公開されていません。

しかし、橋本聖子さんは2020年1月に『FLASH』の取材に対し「夫と共に慎ましい生活を」と語っていることから、子供を年間の学費が数百万円と言われる私学に通わせている可能性は低いでしょう。

そのため、石崎亘利翔さんは陸上で名高い学校や公立高校に通っていると考えられます。

石崎朱李埜(とりの)

橋本聖子さんの三男・石崎朱李埜さんは2006年に生まれているので、2019年4月に中学校に入学し2022年3月に卒業する見込みとなります。

前述していますが、次男・石崎亘利翔さんが千代田区立麹町中学校を卒業しており、兄弟で別の中学校に通っていたことは考えにくいことから、石崎朱李埜さんも麹町中学校に通っている可能性が高いでしょう。

橋本聖子の子供は不登校だった!?

2019年6月13日配信の『日経ARIA』の記事によると、橋本聖子さんは2019年4月23日に行われた「日経BP50周年記念フォーラム」の講演で「実際にはものすごく悩みがあって」と自身の子供が“不登校の経験がある”ことを語っていたそう。

子供についての詳細や不登校の時期は明かしていませんが、橋本聖子さんが6人の子供と常に向き合い母親として奮闘していたことが分かりますね。

橋本聖子の子供の習い事は武道!?

橋本聖子さんはスピードスケートと自転車競技の選手として活躍し、旦那・石崎勝彦さんは元SPで柔道か剣道のいずれか2段以上の腕前があることから、橋本聖子さんの子供も何らかの形でスポーツを習っていると思われます。

三女・石崎せいかさんに至っては橋本聖子さんがオリンピックの道に進んで欲しいと願いもあったようですが、日本大学スポーツ科学部に進んでいることからアスリートのサポートを目指している可能性もありますよね。

次男・亘利翔(ギリシャ)さんと三男・朱李埜(とりの)さんは父親の石崎勝彦さんの影響を受けて、柔道や剣道の武道を習っているのではないでしょうか。体力に加え精神力やマナーも学び、父親のような警察官を目指していることも考えられるでしょう。

1964年の東京オリンピックの開会式5日前に生まれた橋本聖子さん。オリンピックと歩む人生はもはやライフワークとも語っています。

そんな橋本聖子さん、石崎勝彦さんと6人の子供は、これからも益々の活躍をされるのでしょうね。

橋本聖子さんに影響を受けた子供らで、オリンピック年に孫の誕生もありうるかも!?しれません。

これからも橋本聖子さんとご家族のご活躍を楽しみにしています!